ノーメイクではなく、ナチュラルメイクをする超敏感肌

005

30代後半の主婦です。生来の敏感肌に長年悩んでいたのですが、それがアラサーの声を聞いたあたりから徐々にひどくなってきてしまいました。

基礎化粧品を全て「無添加」「低刺激」の自然派化粧品に変えてみたのですが、その悪化は深まるばかり。とうとう、それらの自然派化粧品のベースメイクすらできないようになってしまったのです。BBクリームなどでひたすら肌に重み・負担をかけないように工夫してもダメでした。

また、オイル・クリームタイプのメイク落としなども刺激に感じるようになり、「これはもう、お手上げだ…」と疲れ果ててしまったのです。

幸いにも私は在宅でのお仕事ですので、外出先でオフィシャルな格好をしなくてはならない…という規制はありません。その点は運が良かったと考えよう、と前向きに考えるようにしています。(そうしないと、さらにストレスで肌が荒れる気がしますので。)

ただ、「ノーメイク」の状態でいると本当に気分が落ちますので、ごく薄いナチュラルメイクは施しています。ファンデーションもBBクリームもダメですが、唯一少量なら大丈夫!という「フェイスパウダー」、おしろいを軽くはたき、眉毛を描いて、ビューラーをかける…というのが現在の私の「メイク」です。

一般的なお化粧をしている女性から見たら、そんなのお化粧と言えない!と叱られるでしょう。ただ、普通のメイクではもうどうしても肌が悲鳴をあげる私の場合、これが精一杯なのです。

あとは何とか、敏感肌の調子を維持することに努めています。失礼にならない程度に「あの人、お化粧薄いけどきちんとしてるね」という印象が持てれば、もうそれでよしと思っています。

カテゴリー: 美容関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です